起業

起業を目指す専業主婦の1週間【日記】

こんにちは。
アラフォー専業主婦のCoccaです。

前回の記事で、2020年は「起業することを視野に入れて具体的に動き出したい」という目標を書かせていただきました。

本格的に動き始める2020年を前に、できることはいまのうちから進めておこうと、この数日間は開業準備のさらに準備ぐらいのことに取りかかっていました。

ということで今回は、「起業を目指す専業主婦の1週間」と題して、最近の日記をまとめてみたいと思います。

いつもと同様、華やかさに欠ける日記ではありますが…

起業を目指す専業主婦の1週間

それではさっそく、1週間分の日記を書いていきたいと思います。

1日目

起業に向けて、小さな小さな仕事場を借りることにしたのですが、この日はその契約の日。

すでに物件は決めていたので、事前に申込書や必要書類などは先方に提出していました。

内見の際に担当者に不安なことや疑問点などもすべて質問していたため、契約時はとくに問題もなくスムーズに事が運び、ひと安心。

当初はキリよく12月1日から仕事場を借りようと考えていたのですが、1日でも早く作業に着手したいという思いがあったので、翌日(つまり明日)から使わせてもらうことにしました。

というわけで、11月分からさっそく賃料(11月分は日割り)が発生します。

支出が増えるとやはりプレッシャーも大きくなりますね

その場で鍵を受け取り、新たなる1歩への胸の高鳴りや期待、同時に不安や恐れなど、数秒ごとに切り替わる心の変化を感じながら駅までの道を歩きます。

気持ちを落ち着かせるために途中のスタバでひと休み。

腹ごしらえをして、明日からの計画を練りました。

あせらない。初心を忘れない。
まずはそのことだけ考えて動いてみたいと思います。

※ちなみに・・・
今回、物件の契約は個人名義でしています。
担当者曰く、もし法人化するようなことがあればそのときに法人契約で名義変更をすればOKとのことでした。

2日目

仕事場に行くことに興奮していたのか、まだ外が暗いうちに目が覚めてしまいました(笑)

初めてオフィスの鍵を開けたときの緊張感がたまりません。

この日は仕事場(室内)の寸法をはかり、収納棚などの配置を考えることに。

本当にせまいスペースなので置けるものにも限りがあります。

厳選しなくては…

何をするわけでもなく2時間ほどオフィスで過ごしてから、「珈琲茶館 集」に移動。
しばしのお勉強タイムです。

起業に向けて必要な情報などをインプット。

読みたい本(読まなければいけない本)が多くて、1日1冊のペースでは到底間に合いそうにありません。

とはいえ、あせっても仕方がないのでできる範囲で読み進めるのみ。

読書のあとはさきほど測ってきた寸法を確認しながら、仕事場に必要なものなどをリスト化します。

今日中に買っておきたいものがひとつあったので、そのままショップまで足を運んでみることにしました。

3日目

この日は午前中から仕事場へ。

今日は汚れてもいい服装でやってきました。
なぜならオフィスをきれいに掃除するからです。

昨日少しほこりっぽさを感じたので、空気を入れ替えつつ、拭き掃除などを念入りに行ないました。

せまいスペースなのでていねいに掃除してもさほど時間がかからないのは嬉しいところ。

そして、昨日買ったものをさっそく袋から取り出します。

それがこちら。

デスクの下に敷くためのラグです。

ブログに載せる予定がなかったので、O脚気味の足が写り込んでしまっていますが…(恥)

仕事場は基本的に靴のまま出入りする予定なのですが、長時間パソコン作業をすることになると、靴(とくにヒール)を履いたままだと足がむくんだりしてつらくなりそうなので、デスクの下にだけラグを敷き、靴を脱げるようにしました。

・・・私しか出入りしないのでいいですよね?

ちなみにラグはもう少し濃い色を購入したかったのですが、お目当ての商品は残念ながら品切れ中。
しばらく入荷予定がないとのことだったので今回はあきらめました。

画像のラグは広げたばかりの状態なので色にムラがあるように見えますが、ふかふかで足元も気持ちよく、結果的にこれにして正解だったかもしれません。

長時間のパソコン作業もこれで乗り切れるはず…

4日目

この日は、以前働いていたときの仕事仲間に会いに行ってきました。

私よりも一回りほど年上の頼れる女性。
10年以上前に自分で会社を立ち上げた敏腕女社長です。

起業するにあたり、「開業(個人事業主)」からの「法人化」を目指そうと思っているのですが、思うところがあり、やはり最初から株式会社として始めたほうがいいのではないかという悩みが出てきたため、相談にのってもらうことにしたのです。

内容は割愛しますが、有意義な話をたくさん聞かせてもらえて感謝しかありません。

「私たちの業界の会社設立は、『意外とウマミが少ない』と言ってたたむ人が結構多い」という話を具体的なエピソード付きで聞かせてもらったのですが、妙に説得力がある話でとても勉強になりました。

お金を稼ぐことも大切ですが、自分の起業に対しての理念をもう一度見つめ直して、進むべき方向が正しいかどうかをきちんと確認したいなとあらためて考えさせられました。

今回の日記は「起業」を中心に書いているので主婦業のことにはあまり触れていませんが、いまのところ家事はこれまでと同じペースでこなしています。

仕事を再開したらどうなることやら…

ちなみにこの日の夕食の1品は、先日届いたマグロにしました。

わが家は、夫が「赤身派」で私が「中とろ派」なので、うまく分けあえてよかったです(笑)

5日目

この日、夫は朝から仕事で大阪へと出かけていきました。
帰京は明後日とのこと。

一方私は、仕事場に本を数冊持ち込んでひたすら読書をしていました。

オフィスには余計なものが一切ないので集中するにはもってこいの空間です。

来週からはワードプレスでホームページを作る予定なので、関連本にもザッと目を通しておさらいをしておきました。

そして、持ち株も少しずつ整理しています。
利益が出たものもあれば、損切りしたものも…泣

仕事をするようになったらいまのような取引はできなくなると思うので、こちらも今後の方針を考えなくてはいけません。

夕方から用事があったので電車で移動し、夕食はそのまま出先で食べることにしました。

サラダとスープ。
そしてカルボナーラを注文。

帰宅後は夫から頼まれていた雑務に着手。
メールの対応など、簡単なものばかりだったので小一時間で終了しました。

少し疲れていたので早めにベッドに入ることに。

6日目

この日は家事がメインの日。
仕事場には行かず自宅で過ごすことにしました。

夕食はヤキソバでも作ろうかなと、日が沈んでからスーパーまで買いものに出かけたのですが、むしょうにオムライスが食べたくなったので、ひとりでファミレスに入ることに。

料理を待つ間、開業までにやらないといけないことを書き出してみたら、あまりの多さに頭がクラクラ。

ひとつずつこなしていくしかないですね。

ファミレスを出たあとは、再びスーパーに寄って、明日の食材を買ってから帰宅しました。

帰宅後は事業計画書をパソコンでまとめます。
事前に手帳に書き留めておいたメモ書きを見ながら欄をうめていきました。

こういうものを書くと、「起業して自分が何をしたいのか」「そのために必要なことは何なのか」がはっきりとわかってくるのでやはりやっておくべき作業なんだなと実感。

7日目

今日は午後から仕事場に向かいます。

いつもは仕事場に行く前か、帰りがけにカフェに寄っていたのですが、この日は初めてスタバでドリンクをテイクアウトしてオフィスに持ち込んでみました。

ついでに無印良品で購入した方眼のルーズリーフと付箋も持参。

ひたすら新事業のアイデアを練っていきます。

ちなみに画像に写っているのは、オフィスのデスクなのですが、奥行きがそこそこあり作業がしやすく気に入っています。

ただ、自宅の自分の部屋のデスクまわりと雰囲気が似ているため、作業に集中するとここが家なのではないかという錯覚を起こします。

なんなら私がよく通っているスタバのカウンターテーブルともそっくりです…

参考までに、自宅の私の部屋のデスクはこちらです。


※こちらの画像は以前の使いまわしです

「自分の部屋」と「仕事場」と「行きつけのカフェ」がすべて同じ雰囲気なのは、果たして良いことなのか悪いことなのか…

吉と出ることを願うばかりです

以上が7日間の日記になります。

まとめ

今回は、「起業を目指す専業主婦の1週間」についてまとめてみました。

来週からはいよいよホームページ作りに入ります。

仕事場を借りたからには、缶詰(古)になるぐらいの気持ちで作業に没頭したいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました