おやつ

『パティスリー パリセヴェイユ』のおすすめケーキ【自由が丘】

こんにちは。
アラフォー専業主婦のCoccaです。

この1週間は起業に向けての準備のため、ホームページ作りに励んでいました。

・・・つらい

長時間パソコン作業を続けているとストレスがたまってしまうこともあるので、そんなときはおいしいものを食べるなどして、息抜きをするようにしています。

ということで今回は、先日ご褒美で購入した大好きな『パティスリー パリセヴェイユ』の絶品ケーキについてまとめてみたいと思います。

『パティスリー パリセヴェイユ』自由が丘

『パリセヴェイユ』は自由が丘駅正面口から歩いて3、4分ほどの場所にあるパティスリー&ブーランジェリーです。

こちらは、パティシエの金子美明さんが作る美しく繊細なケーキをはじめ、種類豊富なパンや焼菓子なども取り揃えた人気店。

店内は平日でもお客さんで混雑していることが多いです。

カフェスペース(イートイン)を利用したいときは、ある程度待つ覚悟が必要かもしれません

待つのがイヤだという方におすすめの時間帯は…

以前、閉店1時間前の19時ぐらいにケーキを買いに行ったことがあるのですが、そのときはカフェスペースの半分以上が空席で、男性のおひとりさま客が数名、おいしそうにケーキを食べている姿を見かけました。

なので、夕方以降はわりと席を取りやすいのかもしれません。

そのかわり、閉店間際の時間帯だと、残っているケーキの種類も少なくなるのでお目当ての商品が品切れになっている可能性もあります。

ちなみに私が19時に行ったときは、ケーキが4種類だけ残っていました

土日は平日以上に混雑していますが、並んででも食べる価値のあるケーキがたくさんあるので、興味のある方はお時間があるときにでもぜひ足を運んでみてください♪

『パリセヴェイユ』のおひとりさま率(※私調べ)

テイクアウトではなく、イートインを利用する場合・・・

私が『パリセヴェイユ』に行くのは、平日の14時から16時ぐらいの時間帯が多いのですが、お店に来ているお客さんのうち、ひとりで来ているお客さんの割合は全体の10~20%ぐらいの印象です。
(※あくまでも私が訪問したときに限ったことなのでご参考までに)

店内は女性のグループやカップルが多いイメージですが、先ほども書いたように、夜の時間帯は男性のおひとりさまも複数見かけたので、仕事帰りにホッと一息つきに立ち寄る常連さんたちも多いのかもしれません。

男性がひとりで甘いものを食べている姿、結構好きです

『パリセヴェイユ』のおすすめケーキ

今回も店内は混んでいたので、イートインは利用せずにテイクアウトして、自宅で読書をしながらケーキをいただくことにしました。

「フィグオランジュ」

最初に食べたのは、人気の「フィグオランジュ」です。

ご覧のとおり、とにかく見た目が美しくてショーケースの中でも目をひいていました。

お酒を使っているケーキなので、ひと口目は濃厚なチョコレートの味とともにリキュールの香りを感じるまさに大人の味わい。

ケーキの上にのっているのは、砂糖漬けされたオレンジと、チョコレートがコーティングされたイチジクです。

中にもオレンジとイチジクのコンフィがたっぷりサンドされていて贅沢そのもの。

こちらのケーキをおともに、最高の読書タイムを過ごすことができました。

■フィグオランジュ:670円

「ロアジス」

そして、こちらは大人気商品の「ロアジス」です。

さすがに短時間でふたつのケーキは食べられなかったので、夕食後のデザートとしていただきました。

このために夕食は少なめにしました

オレンジ風味のチーズ(マスカルポーネ)ムースの中にオレンジジュレが入っているこちらのケーキ。

上にはショコラブランのクリームとオレンジコンフィがのっています。

「パリセヴェイユ」は濃厚なケーキが多い印象ですが、ロアジスはどちらかといえば軽めのケーキでパクパクといけてしまう逸品。

看板商品の呼び声が高いのもうなづけます。

私も行くたびについつい買ってしまうひと品です

■ロアジス:580円

「マントン」

そしてこちらは、今回初めて購入した「マントン」です。

見た目はロアジスと似ていましたが、まったくの別物。

表面がホワイトチョコレートでコーティングされていて優雅なたたずまいでした。

ひと口目は、かすかにレモンの香りがするふわふわのミルク泡が口にひろがります。

中は、メレンゲ、レモンのバタークリーム、レモン果肉ジュレで構成されていました。

かなり不思議な食感にびっくり。

スポンジ的なものが一切使われていないのですが、かといってムースのような感じでもなく、クリーム感もあまり感じず…言葉ではなかなか表現できない舌ざわりでした。

とにかく一度食べてほしい!と思えるひと品です。

バタークリームはあまり得意なほうではないのですが、このレモンのバタークリームは本当においしい♪

口当たりが軽くて、しつこさがなく、とにかくさわやか。

「酸っぱさ7:甘さ3」という感じで、いい意味でケーキを食べている感覚がありませんでした。

■マントン:680円

「クリキュイ」

そして今回は、ケーキのほかに焼菓子の「クリキュイ」も買ってみました。

こちらは、アーモンドやヘーゼルナッツがたっぷり入ったメレンゲクッキーです。

ケーキと比べると日持ちして、適度な糖分補給ができるので、パソコン作業の合間につまもうと思って買ってみました。

軽いながらも甘さは十分なので2、3個ほど食べるだけで満足できます。

香ばしくてナッツの味をしっかりと感じる商品でした。

■クリキュイ:210円

以前購入したケーキ

ちなみに今回ではありませんが、以前こちらのお店で購入した「ポワールキャラメル」や、

「カフェトンカ」もとてもおいしかったので、一緒に記録しておきます。

安定の定番商品を選ぶか、冒険して新商品を選ぶか…
素敵なケーキが多いので目移りしてしまいます

『パティスリー パリセヴェイユ』店舗情報

住  所 東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F
最寄り駅 自由が丘駅 徒歩4分
電話番号 03-5731-3230
営業時間 10時~20時
定休日 不定休

まとめ

今回は、自由が丘の『パティスリー パリセヴェイユ』で購入したケーキについてまとめてみました。

わが家はふたり暮らしで、夫が甘いものをそんなに食べないので、1度に購入できるケーキの個数が限られてしまうのが残念…。

甘いもの好きの友人たちとお店に集い、数種類のケーキをシェアするのも楽しそうですよね。

ストレスも解消されたので、引き続きホームページ作りに取り組みたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました