主婦の暮らし

『ホテルメッツ五反田』に宿泊【お部屋紹介】

テレビの世界で15年間働いたのち、3年間の専業主婦生活を経て、2020年に「スープ アンド スペース」を開業したCoccaです。

「スープアンドスペース」のホームページはこちら

前回のブログでも少し触れましたが8月に久しぶりの一人旅に出かけてきました。

旅といっても観光をするわけではなく、自宅近くのビジネスホテルに泊まり、読書をしたり考えごとをしたりするなど、ただただのんびりするだけの地味なものです。

※以前の一人旅の記事はこちら

今回は、現在仕事場として借りているオフィスからすぐそばの場所にあるビジネスホテルに宿泊してみることにしました。

ということで今日は、簡単ではありますが「『JR東日本ホテルメッツ五反田』での宿泊記」をまとめてみたいと思います。

JR東日本ホテルメッツ五反田

今回宿泊した『JR東日本ホテルメッツ五反田』は、2020年3月に開業したばかりの新しいホテルです。

JR山手線「五反田駅」直結なので、東京観光の拠点としてもおすすめですし、出張で利用するにもとても便利な立地だと思います。

本来なら、東京オリンピック・パラリンピックの特需もあり、この夏は宿泊客でおおいに賑わっていたであろうはずが、コロナの影響で残念なことになってしまいましたよね。

ホテル建設中のときからいつかは泊まってみたいなと思っていたので、宿泊客が少ないこの時期を狙って予約してみました。

お客さんがなかなか来れない状況なので宿泊料金もかなりお手頃価格になっていました

メッツホテル五反田の建物には、1階から3階までは飲食店やユニクロなどが入っていて、4階からがホテルのお部屋となっています。

ホテルのフロントは3階。

チェックインはすべてタッチパネル式のセルフチェックイン機を導入しているので、事前に住所や名前などをネットで登録しておけばラクチンです。


※こちらの画像は公式HPからお借りしました

ロビーにはアメニティ各種(ヘアーブラシ・カミソリ・洗顔料・化粧水・乳液・お茶セットなど)が並べられているブースがあり、宿泊客はチェックイン後に必要なアメニティを自分で選んで自由に持っていくスタイルです。

ちなみに私がもらってきたアメニティはこちら。

入浴剤が10種類ぐらいあったのでどれにしようか迷いました

「ホテルメッツ五反田」スーペリアダブルのお部屋

私が宿泊したのは2020年8月。

今回の一人旅はいつもにも増して部屋にこもりっきりになる予定だったので、2泊3日は食事も含めて、ホテル&駅ビル(ホテルと駅ビルは歩道橋でつながっていて徒歩20秒ほどの距離)だけで過ごすことにしました。

お部屋のタイプは「スーペリアダブル」

ひとりなので本来ならシングルでも十分なのですが、コロナの影響でホテルの宿泊料金がかなりお安くなっていたため、ダブルの部屋にしてみました。

ちなみに実際に泊まったお部屋がこちらです。

画像では伝わりにくいかもしれませんが、とにかくキレイでオシャレ。

スペースもひとりで使うぶんにはかなりゆったりしているので贅沢な気分が味わえます。

トイレやバスルームも文句なし。

バスルームには洗い場もついているので、お風呂タイムものんびりと過ごすことができました。

新しいホテル最高

あまりにも居心地がよく、本気で1ヶ月ぐらい滞在したくなり、「宿泊費×31日間」で1ヶ月間の滞在費用を真剣に計算したほどです 笑

ちなみにこちらのホテルは、五反田駅ホームと隣接していますが、私が泊まった部屋からは電車の音などは一切聞こえず快適でした。

「ホテルメッツ五反田」宿泊中の食事

さきほども書いたように今回はホテルからあまり出ないで過ごそうと思っていたので、食事もホテル&駅ビルだけで済ませました。

記録のために宿泊中に食べたものをまとめておくと……

まず、チェックイン後に足を運んだのがホテルのロビー横にある『CARROLL』です。

宿泊客の朝食もこちらでいただくことができるそう。

残念ながら私は「朝食なし」のプランにしてしまいました

この日注文したのは、カフェラテと……

チョコバナナワッフルです。

このワッフル、とても大きくてボリューミー。
ゆっくりと時間をかけて完食しました。大満足です。

こちらで1時間ほど読書などをして、その後お部屋に戻りました。

こちらのカフェはこれをきっかけに仕事の合間などにも利用するようになりました

そして、1日目の夕食は……

五反田駅直結の駅ビル「東急スクエア(旧レミィ)」に入っているお店でとることに。

選んだのは、8階のレストランフロアにある『夢吟坊』
京うどんと麦とろのお店です。

この日注文したのは、あたたかい肉うどんと、麦ごはん&とろろのセット(デザート付き)。

甘辛いおつゆの肉うどんにはとろろ昆布をたっぷり加えて、おいしくいただきました。
麦ごはん&とろろも最高です。

私のほかにもお客さんが2人いましたが、どちらも女性のひとり客でした。

じつはこのお店、普段から夕食時に利用したりしているのですが、カップルやお友達同士のお客さんも多い時間帯もありますが、女性ひとりでも気兼ねなく入れるお店なので、五反田駅周辺でランチや夕食の場所に困ったときにおすすめです。

夕食のあとは、駅ビルの7階に入っているブックファーストに寄り道して雑誌・エッセイ・小説を1冊ずつ購入してからホテルに戻りました。

この日は満腹で夜のおやつは食べず。

そして2日目。
朝食は駅ビルに入っているスタバを利用することに。

キャラメルマキアートとツナチェダーチーズのホットサンドを注文しました。

10時頃だったので席もたくさん空いていて快適。
ここでは仕事関係の資料本を読んでいました。

そして、ホテルの部屋に戻ってからはひたすらぐうたら。
小腹がすいたら、その都度コンビニで買ったお菓子などをつまんでいました。

2日目の夕食は、ホテル1階にある点心のお店『PAOPAO』で作りたての肉まんやシューマイでも食べようと思っていたのですが、夕方頃からむしょうに野菜が食べたくなってしまい、またしても駅ビルに向かうことにしました 笑

1日目に肉うどんを食べた『夢吟坊』と同じフロアにある『やさい家 めい』へ直行。

野菜と豚のせいろ蒸しセットと迷ったすえに注文したのは、「夏野菜のみぞれおろし豆腐つくねハンバーグ定食」。

食べごたえ十分なのにヘルシーなのが嬉しいです。


ひとつひとつのお野菜そのものの味がとにかく濃くて美味。
こちらも完食しました。

店内には私のほかに4組のお客さんがいましたが、そのうち2人が男性のひとり客。
残りは女性の2人組です。

「やさい家 めい」は野菜のしゃぶしゃぶコースなども人気なのですが、コロナの影響で、いまはお友達とお鍋をつつくのは控えている方が多いのか、2人組のお客さんも含めて皆さん定食を注文しているようでした。

何も心配せずにみんなでしゃぶしゃぶを楽しめる日が1日も早く戻ってくることを願います

ちなみに3日目は、チェックアウトを済ませたあと、スタバに寄って大好きなサラダラップとシュガードーナツを食べてから帰宅しました。

今回の食事はすべて大正解でした

まとめ

今回は、「『JR東日本ホテルメッツ五反田』での宿泊記」をまとめてみました。

宿泊記というよりただの食事日記になってしまいましたが…恥

2泊3日、ほとんどの時間を読書に使い、かなりリラックスすることができました。

とにかくお部屋が居心地抜群。
かなり気に入ってしまったので、12月に再度宿泊することを決めました。

gotoキャンペーンのおかげで、2泊3日の料金で3泊4日宿泊できそうなので、次回は1日長めに泊まる予定です。

今度は駅ビルだけではなく、近くのおいしいお店にも足を運んでみたいと思います。

ちなみに私の留守中、夫はひとりで「おうち焼肉」を楽しんでいたようで、ホットプレートでモツを焼き続けたらしく、私が帰宅するとリビングのフローリングが油でツルツルになっていました。

・・・

そして、私が家にいないことでひとり羽を伸ばせる時間が相当楽しいようで、「次はいつ一人旅に行くの?」と満面の笑みで催促にも似た質問を受けました 笑

最後までお読みいただき
ありがとうございました